人材育成

人材育成

研修方針

当社の研修方針は、「OJT」をメインに、「OFF-JT」と「自己啓発」を組み合わせることにより、人材の育成に取り組んでいます。

ただし、その根幹を成すものは、本人の意志で自律的に自分自身を磨いてスキルアップしていくための訓練であり実践である、と捉えています。

これは何も「本人任せ」にしているという訳ではなく、年2回実施している自己申告時はもとより、適切なタイミングで適切な内容の指示・指導・サポートを行うことにより、業務を通じてその必要性を理解し、気付き、自ら取り組み、継続していく事が大事であるということを指しています。

一般研修

当社の研修は、

  • 「OJT」(On the Job Training)~日常の業務につきながら行う教育訓練~
  • 「OFF-JT」(Off the Job Training)~日常の業務を離れて行う教育訓練~
  • 「自己啓発」

の三本柱で実施されます。また、OFF-JTには外部教育機関を利用した研修も含まれます。

研修の目標は、ITスキル標準で定義された各レベルの内容に準拠して、社員のキャリアおよびスキル熟達度に応じて、大別して次の三段階で設定されます。

新人・若手社員 APS(アプリケーション・スペシャリスト) レベル1~2
中堅社員 APS(アプリケーション・スペシャリスト) レベル3~4 
または PMS(プロジェクト・マネジメント)レベル3~4
幹部社員 APS(アプリケーション・スペシャリスト) レベル5~6 
または PMS(プロジェクト・マネジメント)レベル5~6

上記は主たるキャリア・スキルの場合ですが、これ以外にも、ITS(ITスペシャリスト)、ITSM(ITサービスマネジメント)、セールス、等に準拠した、従事している業務により密接な目標が設定されます。

社会人基礎研修

新入社員、若手社員向けにビジネス・マナーを中心とした研修プログラムとして用意され、採用時に本人の経歴等を考慮したカリキュラムに従ったOFF-JTで実施し、プロジェクト配属後はOJTとして継続実施しています。

一例として、以下のような課目が含まれています。

  • セキュリティ・ポリシーの遵守
  • コンプライアンスの遵守
  • 社会人としての行動様式(ホウ・レン・ソウ)の実践
  • 電話応対、ビジネス文書作成(随時)

    ・・・等々

IT基礎研修

Javaプログラミング、DB入門等のシステム開発の要素技術に関する研修プログラムと、開発工程全般に係る開発標準や品質管理、開発管理等の研修プログラムが用意されています。

これも、上記の社会人基礎研修と同様に、採用時のOFF-JTと、配属後のOJTで実施しています。

社外研修

外部教育機関などで実施されている、各種セミナーへの参加に対して、会社から助成金を支給して、社員のスキルアップを支援しています。

海外研修

グローバルに活躍できる人材育成の一環として前年度の業績、貢献度の優秀な社員を海外の教育機関等に短期留学させます。

2008年は、社員1名をカリフォルニア州立工科大の夏季セミナーに派遣しました。